カードローンでお金を借りるなら

カードローンでお金を借りるならやっぱり安心で低金利な銀行系のカードローンで借りたいですよね。
しかし一般的には銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンよりも審査が通りにくいとされています。実際銀行系のカードローンで断られた人でも大手の消費者金融では問題なく審査が通ったということはよくあることです。
それではなぜ銀行系のカードローンは審査が通りにくいのでしょうか?
それは金利の安さと関係があるのです。銀行系のカードローンでは確実に回収できることを目的に審査をしているのです。少し金利が低くても確実に貸したお金を回収できれば必ず利益につながりますよね。それと銀行は平成22年に完全施行された総量規制の法律の適用範囲外なのです。総量規制とは年収の1/3を超える借入貸付をしてはいけないという法律です。この法律が適用されるのは消費者金融と信販会社で銀行には適用されません。過剰な貸付借り入れによるトラブルを軽減するための法律なのです。銀行が適用外ということは銀行に信用があるということなのです。
それではなぜ消費者金融系のカードローンは審査に通りやすいのでしょうか?
それは消費者金融系のカードローンでは「回収できる見込み有り」の顧客に融資をしているからです。見込みであり確実ではないということです。多少のリスクを負ってでも、顧客確保により総体的に利益が上がればいいという考え方に基づいて審査をしているので、銀行よりは審査が通り安いのです。