月別アーカイブ: 2015年4月

スマホだけで申込み完結できる

カードローンでお金を借りている人って結構いるらしい。しかも結構若い女の子が借りることも少なくないそうです。私だけじゃなかったんだ、とちょっと安心。実は私はカードローンでお金を借りています。カードローンに申し込んだのは1年くらい前ですね。特に深く考えずに申し込んだ記憶があります。ちょっとお金が足りないなぁって、思った時にカードローンの事をしって、申込みました。カードローンの申し込みはインターネットでしました。それが一番簡単だったし、それに消費者金融とかの店舗に行くのは、さすがに抵抗があったし。ネットなら誰にも会わずに申し込みができるのでいいなと思ったんです。申し込みはとても簡単「スマホ完結」でした。カードローン会社のサイトから申し込みの画面を開いて、必要事項を入力して送信ボタンを押すだけ。申し込んですぐに仮審査の通過の連絡がありました。その後本審査でした。本審査には本人確認資料が必要でした。本人確認資料とは運転免許証やパスポート、保険証など住所が確認できるものです。私はスマホのカメラ機能を使って運転免許証の写真を撮り、それをアプリから送信しました。スマホだけで申込み完結できる「キャッシング スマホ完結」方法があるのですね。初めてでした。クレジットカードを作る時などは今までは免許証のコピーをして郵送で送ったりしていたのですが。その後無事審査に通り、カードローンでお金を借りられたのです。

カードローンでお金を借りるなら

カードローンでお金を借りるならやっぱり安心で低金利な銀行系のカードローンで借りたいですよね。
しかし一般的には銀行系のカードローンは消費者金融系のカードローンよりも審査が通りにくいとされています。実際銀行系のカードローンで断られた人でも大手の消費者金融では問題なく審査が通ったということはよくあることです。
それではなぜ銀行系のカードローンは審査が通りにくいのでしょうか?
それは金利の安さと関係があるのです。銀行系のカードローンでは確実に回収できることを目的に審査をしているのです。少し金利が低くても確実に貸したお金を回収できれば必ず利益につながりますよね。それと銀行は平成22年に完全施行された総量規制の法律の適用範囲外なのです。総量規制とは年収の1/3を超える借入貸付をしてはいけないという法律です。この法律が適用されるのは消費者金融と信販会社で銀行には適用されません。過剰な貸付借り入れによるトラブルを軽減するための法律なのです。銀行が適用外ということは銀行に信用があるということなのです。
それではなぜ消費者金融系のカードローンは審査に通りやすいのでしょうか?
それは消費者金融系のカードローンでは「回収できる見込み有り」の顧客に融資をしているからです。見込みであり確実ではないということです。多少のリスクを負ってでも、顧客確保により総体的に利益が上がればいいという考え方に基づいて審査をしているので、銀行よりは審査が通り安いのです。